仮想通貨の選び方-優良な仮想通貨と、粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

あのヤバいマグショットが面白いって!?どういうことなんだ!

ちょっとしたニュース

あのヤバいマグショットが面白いって!?どういうことなんだ!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

【閲覧注意】アメリカの犯罪者の中でも「特にヤバいやつ」のマグショットギャラリー

警察に逮捕されると撮られる写真をマグショットと言います。

そのマグショットが話題になっているというのです。

逮捕される時はどんな状況にいようが

逮捕され、写真が撮られるのでおかしなマグショットが

出来上がったりすることがアート化したようです。

例えば仮装していた時に逮捕されれば

仮装メイクされた状態で写真が撮られます。


そこで面白い写真が多く撮られるので

アートとして扱われるというのです。


犯罪者をアートにしてしまうなんて

流石アメリカです。


アメリカではマグショットは公開されるのが普通で

ノースカロライナ州ではこのマグショットを

ビジネスにしてしまいました。


毎週マグショットだけを掲載する新聞が発行され、

”Slammer”と言い刑務所という意味です。

最初は警察に協力するために発行されていたそうですが

人々が知り合いが載っているかもしれない!

面白いマグショットはないかな?

なんて娯楽を求めるようになり、

現在ではなんと13万部の発行部数を誇っています。


名前は勿論、逮捕された罪状も書かれているので人々の

興味を誘うようです。


1000回逮捕された逮捕常連のマグショットの特集も組まれたとか!


芸術家であるマーク・マイケルソン氏は、マグショットを使い

新たなアートを作りだしています。


マグショットの表情に込められた悲しみなどの感情がアートになっているのです。


また天才芸術家と言われているアンディ・ウォーホル氏も

このマグショットに魅せられた一人です。


彼は1964年のニューヨーク万博でいち早く作品として

パビリオンの外壁に登場させていたのです。


凶悪犯が展示され、万博側もあまりにもやりすぎということで

ペンキで塗りつぶされたそうです。


現在も犯罪者をこういう扱いで表に出すのはいかがなものかと

賛否両論があるようです。


参照:「世界まる見え!2016.10」


芸能人?美女、美男犯罪者たちの顔写真[マグショット]

【衝撃】 アメリカで逮捕された美人女性のマグショット

【意外】逮捕歴がある海外有名人・海外セレブたち【逮捕写真あり】

【閲覧注意】常軌を逸している犯罪者の逮捕直後の写真

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!


デオシーク

アルガンK2シャンプー

シックスパッド

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!